Sponsored links

日記カテゴリの記事一覧

メタボリックシンドロームの予防

メタボリックシンドロームの予防

最近特によく言われているメタボリックシンドローム。メタボリックシンドロームとはどういうものなのでしょう。

メタボリックシンドロームはいわゆる高血圧、糖尿病、高脂血症といわれる生活習慣病のうち2つ以上あてはまり、さらにウエストが男性85センチ以上、女性90センチ以上だとメタボリックシンドロームかその予備軍であるという考え方です。

昔は生活習慣病のことを成人病と呼んでいましたが、聖路加国際病院が「生活習慣病」と正確なものに改めるよう提言され、生活習慣病と呼ばれるようになりました。

メタボリックシンドロームは過食や運動不足によって脂肪が内臓に溜まり、高脂血症、や高血圧、糖尿病を合併して起こるとされています。

このような状態になると高尿酸血症も合併しやすくなり、血管の動脈硬化を引き起こしてさらに高血圧になったり、血管が詰まってしまう心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすくなります。

このようなメタボリックシンドロームを予防するためにはまず、肥満を解消することは先決です。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うと脂肪がエネルギーとして消費されます。

食事も脂肪を多く含む食べ物は控え、バランスの取れた食事をしましょう!アルコールは体内で代謝されて脂肪になるので、飲酒はほどほどにしましょう!

ビールやワインはプリン体を多く含み血中の尿酸濃度を引き上げてしまいます。高尿酸血症の人はなるべく飲まないに越したことはありません。痛風になった方はなるべく水を多く飲んで尿酸を排泄するようにしましょう。

メタボリックシンドロームは徐々に進行していくので、日頃の心がけが大切です。あなたが年をとっても健やかに過ごせるために運動や食事に気をつけてくださいね!


耳鳴り・難聴の情報室